【新卒】大量に新卒採用する会社

2008年12月04日
毎年、かなりの数の新卒を採用する会社がある。
100人?300人くらいの規模で新卒採用を実施している。

まあ、名の知れたいわゆる超大手企業ならわかるが、
「ん?聞いたことないな、この会社」というところもある。

こういう会社には、2種類あると思う。

その1:
会社の規模に対して、多すぎる人数
毎年定期的に採用している会社。

その2:
今まで新卒採用を絞っていたのに、
突如すごい人数を採用する会社。


今日は、その1のケースについて。

こういうところには、いわゆる
超絶退職率を誇る会社 があったりする。

最近の状況は知らないが、騒動になる前の
お茶の間留学しちゃう会社 なんかがいい例だった。

ようするに、
・仕事はたいして難しくないけど、
・若くて体力ないと厳しいし、
・おまけに新卒なんて安く使えていいじゃん。

だから、会社側も社員が長く働けるように気を遣ったりなんて
ことはしないのだ。


ほかのパターンとしては、
訪問販売を主軸とする某出版社 が有名どころだが、

・仕事内容が人の道から外れている上に、
・社内の雰囲気が宗教的で、洗脳されそうになったりして、
・心を病んで人がどんどんやめる。

なんていうケースもある。


こういう会社を見抜くのに一番いいのは、
「平均勤続年数」を調べること。

退職率が公表されることはほとんどないが、
上場している企業なら、有価証券報告書に
平均勤続年数が記載されている。

未上場で、サイトに平均勤続年数について記載がない場合は、
説明会などで聞いてみるといい。

(退職率は、と聞くとあからさますぎるのでやめたほうがいい。
 フランクな雰囲気で聞けそうなら、
 「何年目くらいの方が多いんですか?」くらいで。)


ただし、できて10年未満の企業は、平均勤続年数が2年以内とかは
当たり前なので、基準にしないよーに。

その2のパターンについては、明日に続く。


【続き】
【新卒】大量に新卒採用する会社(その2)

【関連記事】
【新卒・キャリア】社員を洗脳する会社

Comment

管理者のみに表示