【キャリア】面接官がバカだと思ったら

2009年12月08日
さすがに新卒さんで、こういうケースは少ないと思いますが、
多少経験を踏んでから転職活動をしていると、ままあるのではないでしょうか。


この面接官、バカなんじゃねーの?


と思うことが。



私自身、転職活動をしているときに、そう思ったこともありますが、
どちらかというと、採用担当者をしていた頃に、
「こいつバカだな。」と思われた回数のほうが、圧倒的に多いです。



バカだと思った回数よりも、思われた回数のほうが、多いわけです。



そんな私のアドバイスはコレです。


面接で、面接官のことをバカだと思っても、
決して顔にも態度にも言葉尻にも出してはいけない。



人間は、相手から自分がどう思われているか、ということに対して、
非常に敏感な生き物です。

ちょっとした仕草、目線、そういうもので、
敏感に相手の気持ちを読み取ります。
(そうでない人がいるのは、さておき。)



「あ、今この人、自分のことをバカだと思ったな。」
という瞬間が、面接官をやっていた当時、面接の中でよくありました。

まあ、本当にバカだったから、それはそれで仕方がないんですけど。
質問もトンチンカンでしたしね。



でも、面白いのは、応募者の方が、
面接官(つまり私)のことを「こいつバカだな。」
と認識してからの態度でした。


ある人は、それまで以上に懇切丁寧に説明をしてくれるようになり、
ある人は、それまで以上にぞんざいな説明になります。




前者のような忍耐強い人も、ときどきはいるのです。
おそらく、仕事で色々なタイプの人に出会ってきたからこそ、
相手に応じて柔軟に説明方法や対応を変えることができるタイプなのだろうと思います。



後者のような人は、わりと大手企業なんかで働いている人に多かったように思います。
つまりは、バカな相手にがまんして話をする必要がない環境で生きてきた人たちです。

しかも、営業でなかったりすると、その傾向が顕著でした。
つまり、おバカに対する対処方法がわからない、と。



そりゃあまあ、
頭がよくてハイレベルな仕事をこなしている人達に囲まれて仕事をしてきており、
かつ、時々バカな営業マンがやってきたとしても、
鼻であしらっていればいいポジションで仕事をしていたとすると、
それも当たり前だと思います。



でもそれ、面接で態度に現してはいけませんよ、と思うわけです。



バカな面接官も、バカなりに、
あなたの態度をチェックしている可能性が高いですから、
「おっ、この面接官、バカだな。」と思ったその瞬間から、
自分の態度に注意してみてください。




【関連記事】
【新卒】面接官はそれほどバカではないこと
【新卒・キャリア】意地悪な面接官
Comment
No title
うーむ
なるほど
それはそうですよねえ
面接官の方が強いのだから
受ける側が、気をつかわねばなりませんね
「世界中の人に自慢したいよ」を聴きながら
二日続けて大量の質問、失礼します。
前に「今が自分の人生の分岐点」と書きましたが、今、また分岐点にいるのかどうか迷ってます。

自分が目指している「一般事務」ではなく別の職を目指すべきかどうか、と。

前にこの質問をした時管理人さんは「ほかの仕事も照準に入れて探すべき」とアドバイスして下さいましたね。

自分もそれなりに考えました。何かほかに職がないのかと。

結局「自分みたいに特別なスキルがなく、派遣で行かされた事務の仕事でパソコンを扱って来た人間は、例え派遣として低く見られようとも、それなりに経験があるわけだから、今は事務にこだわった方がいいだろう」と思い、方針を変えず今に至りました。

その一方で変えた方がいい、と思ったこともあり他の仕事も探しました。

結果は、出ません。

変えるべきか、このまま行くべきか。

他人の心理の分析はできるのに、自分の未来の分析に行き詰っております。

漢検2級とパソコン2級。それ位しかスキルのない自分に向いている職業ってあるんでしょうか。

何かヒントをお与えください。お願いします。

長文になりすいませんでした。

No title
>山口ジジイさん

コメントありがとうございます。
そうですねえ、面接官のほうが強い、というわけではないのですが、

まあバカな面接官に出会ったときも、
よい人生経験くらいに思って頂くといいのかなあ、と思っています。
No title
>栗原さん

コメントありがとうございます。

確か、栗原さん、26歳でしたっけ?
まだまだ若いんですよね。

あんまりアドバイス的ないいことは書けないのですが、
栗原さんが「今できること」なんて、たいした問題じゃないと思うのです。

こう言ってはなんですが、
漢検2級とパソコン2級というのは、スキルのうちに入りません。

仕事の道具としてPCを使う人たちは、その熟練度が何級かなんて気にしませんしね。


そう考えると、
「今できること」にこだわるよりも、
「これからできるようになりたいこと」にこだわったほうがいいんじゃないかな、と思うわけです。


そして、おそらく栗原さんくらいの年齢がギリギリ、
「できること」ではなく、「やりたいこと」「できるようになりたいこと」で判断される可能性のある年齢ではないかと思います。



自分の未来は、分析の上に必然としてあるものではなくて、
自分の意志によってどうにでも変わるものだと思いますよ。


なんだか偉そうなこと書いてしまいましたが、
心からそう思います。

応援しています。
できるようになりたいこと、ですか。

仕事面で、ではありませんが、自分の生活安定して、今いるボロアパート引越しして、少しでもまともな家に住む。

それが私のできるようになりたいことです。

今はこれぐらいしか出てこないので正直に書きました。

これがいまのモチベーションなんです。
Re: タイトルなし
>栗原さん

コメントありがとうございます。
今よりお金を稼ぎたい、少しでもいい暮らしをしたい、
という望みは、決して恥ずかしいことではないです。

むしろ、そういう願望を持ったことのある人のほうが、
実際仕事をすると、強かったりします。

がんばってください。

管理者のみに表示