【面接官の心得】未熟さを認める

2009年11月28日
久しぶりに面接官の心得的な内容です。

もうちょっとだけ、人を認めよう - 父は忘れる -

面接官の心得、でもありますし、上司の心得、ともとれる内容です。


この記事を書いた方は、カーネギーの「人を動かす」を読んで、
色々と考えられたようですが、
私はこの感想の記事を読んで、色々と考えさせられました。



仕事の上でも、面接でも、相手の未熟さを受け入れる
というのは結構難しいことです。

おまけに、相手が自分より年上だったりすると、なお一層難しいです。



基本的に、人が誰かのことを判断しようとするときには、
パーフェクトを求めがちなもので、
これからどのように成長してもらうか、そうするには自分はどうしたらいいか、
ということを忘れがちになります。


そしてさらに、その人がどういう成長曲線を描くかは、
自分にかかっているんだぞ、ということも含めて。




特に、あまり規模の大きくない企業で働いていると、
その人が「今」できることだけに目が向いてしまって、
「これから」どうなっていくか、ということに気を配れなかったりします。

そこは私自身の未熟さだなあ、と。



まあ、自分自身もそうなのですが、
今までの社会人人生の中で、今できることが数年前にもできたかというと
全くそんなことはなく、周囲の人たちの仕事ぶりを見ているうちに、
できるようになったことがたくさんあります。




面接に応募してきてくれた相手や、一緒に働く人たちが、
今はできないことでも、

自分が一緒に働くことで覚えてもらえることだったり、
教えてあげられることだったり、
むしろ教えられることだったり、


そういうことの価値を、もうちょっと信じてみようかなあ、と
思わされた内容でした。



まあ要するに、自分だってパーフェクトなわけじゃないのに、
周囲にパーフェクトを求めてはいかんな、と反省した今日でした。






【関連記事】
【面接官の心得】優秀な上に性格のいい人材をベンチャーが採用するのは難しいと思うこと


Comment
私のザンゲ
このカーネギーの文章は効きますね。自分もよく押し付けがちな目で他人を見てしまいます。

たまにはお互いに気持ちを落ち着けるようにしないといけませんね。
Re: 私のザンゲ
>栗原さん

コメントありがとうございます。

そうなんです。
人に押し付けられるのは嫌なくせに、
自分が押し付けることを正当化してしまうのが、人間ですよね。

ありのままを受け入れるって、難しいです。

管理者のみに表示