【その他】このブログに訪問する方の検索キーワード

2009年11月25日

今日は、ちょっとした小ネタです。

このブログに訪問してくださる方の7割くらいが
検索エンジン(Yahoo!とかGoogle)でキーワード検索して
ここにいらしているのですが、
ちょっとおもしろいので、その内容を公開してみます。


ここ1ヶ月間の検索キーワード:TOP10

1位:面接官の心得
2位:ありえない質問
3位:元人事
4位:採用される人と採用されない人の違い
5位:公務員 面接の心得
6位:面接結果 遅い
7位:人材紹介
8位:グループディスカッション コツ
9位:面接 連絡 遅い
10位:志望動機

※Google Analyticsからのデータ。



数で言うと、ぶっちぎりで「面接官の心得」なのです。

ということは、検索されているのはおそらく面接官側の方で、
その点が非常に興味深いです。


景気も悪いわけだし、面接官は「採用してやる」というスタンスで
ふんぞりかえっていたって、不思議ではないわけです。

にも関わらず、検索してまで「面接官ってどうやったらいいんか」
について調べている方たちが大勢いる、
という事実に驚かされます。


自分が採用担当をしていたときには、
結構ふんぞり返っていたけどなあ、と。
みんな真面目だなあ、と。


人が人を判断する、ということは、本当に難しいことで、
初めてそういうシーンに立たされたときに、
何かの基準が欲しくなる気持ちは非常によくわかります。


個人的なことを言えば、
自分が誰かを判断するなんて無理だな、と思って
人事からの転職を決意したわけでして、
そのあたりの迷いについては、十分承知しているつもりです。


採用の可否を判断するときには、
その答えがNOである場合は特に、
自分だからこそ、この人の採用にYesと言えないのかもしれない、
という目線は持っておかなくてはいけないと思うわけです。


答えが出せるのは、一緒に仕事をやりたいかどうかだけであって、
その人の良し悪しは、誰にも決めることはできない、
と思っています。個人的には。


そのあたりの悩みが、よく現れているなあ、
と検索キーワードをチェックしながらしみじみと思うわけです。


Comment
No title
私のブログは、やはり失業日記で検索して入ってくる方が多いですね

でも、近々ブログタイトルを変えなければと思っています。
No title
>山口ジジイさん

コメントありがとうございます!

タイトル変更されるのであれば、
「失業からのサクセスストーリー」
みたいなのがいいんじゃないでしょか。

グッとくると思います。

泥棒が憲法改正をしてる
自分は普通に「元人事担当者」ですね。

タイトルは我等が清志郎&2.3s「善良な市民」の歌い出しです。

議員の山本一太が清志郎ファンだと抜かしていましたが、これを聴いてもそう言えるんでしょうか。

泥棒が憲法改正をしてる
コソ泥が選挙権で揉めてる

でも 善良な市民は参加させてもらえず

また 間違った人を選ぶ
この曲が発表されたのは1993年。今の情勢に当て嵌まりかつ悪くなっているこの状況。清志郎の世間を見る眼が鋭いのか、政治家が思考停止しているのか。
どっちなんでしょう。
Re: 泥棒が憲法改正をしてる
>栗原さん

コメントありがとうございます。
私も、最近は、よく見るブログを「お気に入り」に登録せずに
検索して表示させることがほとんどです。

政治のことは、あんまりよくわからないのですが、
政治家一人一人は優秀な人たちなはずなのに、
政党や派閥となったときに、
なかなか力を発揮できないことに歯痒さを感じます。

人が集まるって、難しいことですよね。
栗原です。

人が集まる難しさですか…みんながどこかで譲りあえばいいんですが。

なんでそんなに我欲を満たそうとするの?腹八分目でいいじゃん、と思うのです。

管理者のみに表示