【キャリア】年収×1.3倍の価値

2008年12月10日
この時以来、真面目な記事を書いてない。
一応、1週間に一度は真面目な内容を書こうと思っている。

ここで、「毎週水曜日は真面目デー」ということにする。
水曜日は、現在の日本の雇用状況をスルドク、真正面から捉えた内容にする。
と今決めた。


前も書いたことがあるが、
私が人事採用担当として勤めている間は、最初は景気がどん底で、
その後どんどん景気がよくなっていった。

よーし、人を採用するぞ!と思ったときに、
採用が難しいのは当然、好景気のとき。
ライバル社が多いし、新卒・中途問わず、いい人はひくてあまただから。


そうなってくると、第2新卒とか、20代の若者で
人材紹介会社を使って転職・就職活動をしている人が目立ってきた。

そういう人たちの面接をするたびに、
私はよく「もったいないなあ」と思っていた。
紹介会社経由じゃなかったら、採用するのになあ」と。


その人を採用することで、紹介会社にいくらフィーを払う必要があるのか
本人は知っているだろうか?と。

会社によるが、大体年収の30%くらいが紹介会社にフィーとして
して支払われる。

年収400万円の人を採用したら、120万円。
年収500万円の人を採用したら、150万円。

結構高い。

本人がよっぽど優秀で、のどから手が出るほどほしい人材でない限り、
若手クラスにそんな金額を払って採用する企業はなかなかないと思う。

第2新卒なんかは、なおのこと。
紹介会社経由では絶対採用しない。

だから、紹介会社経由で転職しようと思うなら、
自分が実際の年収プラス30%分の価値がある、
と思えないといけない。


じゃないと、面接終了後、採用担当者が
「こいつ、紹介会社経由じゃなかったら採用するのになあ・・
とため息をつくことになる。
Comment

管理者のみに表示