【新卒】ゆとり世代って不運だよなあ、と思う事

2011年11月08日
先日、こんなコメントを頂きました。

今は本当にどんな仕事をしたいのかはっきりと決められません。
最近は卒論もやらなければ!と、就職を探すこともしていませんが、やはり早く就職先を決めたいという焦りはあります。

働くということはどういうことなのかとか、その考えは間違っている!など、お叱りの言葉でも構いません!この甘やかされたゆとり世代に助言をいただけたら幸いです。




「この甘やかされたゆとり世代に助言を!」と来ましたか。
いやあ、ハードル高いなあ。

という訳で、ここ数日悩みました。
書いてはボツにし、書いてはボツにしました。
(あ、すみません、本当言うとボツにした記事は1個だけ)

正直言うと、私は20代前半の人々と触れ合って、「ゆとり世代だなあ」と感じたことはありません。
人事の仕事から遠ざかって早数年、新卒採用にも携わっていませんし、今の職場で一緒に仕事をしている新卒さんたちは、なかなかちゃんとした人たちです。


悶々と考えてみた結果、私がいわゆるゆとり世代の人たちに対して思うことは2つあります。

・ゆとり世代って、不運だよなあ
・ゆとり世代って、甘えてるよなあ


というわけで、久しぶりに2回にわけてお送りします。

今日は、ゆとり世代って、不運だよなあ についてです。



ゆとり世代って、具体的には1987年度~1995年度生まれの人達のことを言うらしいです。

ゆとり教育の詳しい内容については理解していないのですが、見たり聞いたりしたことを総合すると、どうやらそれまでの「詰め込み教育」を卒業して「個性重視の教育」へと移行したようです。
徒競走で順位をつけないと揶揄されたアレのことだな、と適当な理解をしております。


個性重視は全くもって悪いことではないと思います。素晴らしいことです。
NO.1にならなくてもいい、もともと特別なONLY1ーー♪ ってやつですね。
そこで重視されたのは、選択の余地なく強要される一律の基準の中での順位ではなく、人が生まれながらにして持っているそれぞれの特性において、短所の穴を埋めるのではなく、長所を伸ばしていこう、という理想だったと思われます。

しつこいようですが、それ自体は非常に素晴らしいことです。


しかし如何せん、ゆとり世代の中でも特に、ここ数年の間に大学を卒業した人たちや卒業を間近に控えている人達にとって不幸だったのは、日本社会がその「ゆとり」を受け入れられるほど余裕がある状況ではなくなったことだと思います。


ここ最近の新卒さんの就職難状態は、2003年までの「就職氷河期」と区別して、「新氷河期」とかなんとか言うらしいです。このブログは2008年から書いているので、スタート時にリーマンショックが発生して翌年の2009年(つまり2010年度入社)から新卒さんの就職活動が非常に厳しくなったことをよく覚えています。


ゆとり世代第一号の人たちが四年制大学を卒業した場合、順当に行って初めて就職戦線に立ったその時、世間はリーマンショックで新卒採用がギュウギュウに絞られている年だったわけです。


それはないわー、と思いますよね。
しかもその前の年までは、そこそこ新卒バブルでしたし。

「ゆとり」「個性」「みんな違ってみんないい」「あなたはあなたの素晴らしい点を伸ばせばいい」と言って学生時代に散々余裕のある生活を送らせておいて、さあいざ社会に羽ばたくぞ、となったその瞬間に、企業からは、

「戦って勝つ。日本が生き残って行くにはそれしかない。我が社ではそのための戦力を採用したい!」と言われたわけですから。



そりゃあまあ、企業側の求める人材像と食い違うのは無理ないわー、と思うわけです。だって、戦って勝つことが目標だなんて、そんな教育されてないわけですから。



いわゆる今のゆとり世代の方々が、仕事に対してアグレッシブな姿勢を取りづらいのは、もちろん教育の影響だけではなくて、数年上の先輩たちが就職氷河期にヒイヒイ言っているのを見ていたから、っていうのもあると思いますけどね。

まあでもしかし、時系列にゆとり教育導入の時期と不景気の時期を見てみると、滑稽というほかないくらい、その時代に求められない教育制度をひいちゃったんだなあ、と思います。


だからこそ、とても人事な視点で書かせて頂くならば(じんじな視点、ではなくて、ひとごとな視点)
ゆとり世代の人たちって、不運だなあ、と思うのです。



まあしかし、「あなたたちって不運ですよね」なんていうのは、単なる同情であって、何の責任も持たない者の感想にすぎません。私はこんなブログを書いていますし、こうしてリクエストをくださる読者の方もいるわけですから、多少なりともそこに責任を感じるべきなのではないかと自らを奮い立たせて、次回は、同情からもう一歩踏み込んだ意見を書いてみる予定です。



(続きはまた次回)

【続き】
【新卒】ゆとり世代って甘えてるよなあ、と思う事



【関連記事】
【無職】「ニートは社会のためにそのまま引きこもっとけや」


スポンサーサイト



 | HOME |