【無職】ハローワークの職員さんは、キャリア相談に乗れるのか?

2009年10月23日
政府が緊急雇用対策をするらしいです。
まあ、今までもやってたのでしょうが、新政権になってから、
本腰入れてやるぜ、というアピールなのでしょうね。


その中に、ハローワークの機能拡充も含まれるようです。


前々から、結構疑問だったことがひとつあります。


ハローワークの職員の方は、
キャリア相談に乗れるのか?




「就職相談」には、乗れると思うんですよね。
こういう仕事をしたいんだけど、なんかいいのないですか、とか、
できるだけ条件のいい仕事につきたいんだけど、なんかないですか、とか。


でも、「キャリア相談」というのは、結構微妙だなあ、と思うのです。


だって、公務員なんですよね?


最近は、非常勤の契約社員の方もいらっしゃるようですが、
基本的には公務員(しかも国家公務員)です。


失業の可能性がない仕事をしている人たちですし、
民間企業に勤めたあとに、公務員になった人でない限り、
転職の経験もない方々なわけです。




親身になって相談にのることは、モチロンできると思うのです。
たまに、親身ですらないハローワーク職員さんもいるにしても。


ですが、親身である、ということと、相手にとって有益な相談相手である、
ということは、必ずしもイコールではないと思うんですよね。


一生、ひとつの職場での仕事を貫き通す生き方と、
色々な仕事を経験しながら、自分の力を伸ばしていく生き方とでは、
結構、価値観にもギャップがあると思うんですよねえ。



おそらく、ハローワーク機能拡充のために
臨時で契約社員さんを採用することになるのだと思いますが、
契約社員の方は、基本的に期限付き雇用です。


ハローワークで相談にのっている相談員その人が、
「今回で契約切られたらどうしよう。」
と心配しながら相談に乗っている、という図もシュールです。



本当に親身になってくれて、かつ、どういうキャリア形成をしていったらいいか、
的確にアドバイスしてくれるハローワーク職員さんが理想だと思いつつも、

まあ、なかなか難しいよな、と思うわけです。


【関連記事】

【無職】普通の企業はあまり積極的にハローワークに求人を出したがらない件
【無職】景気底打ちなのに、失業率UPの謎
【キャリア】転職初心者のための紹介会社との付き合い方(1/3)


スポンサーサイト



 | HOME |