【面接官の心得】中小企業の採用担当者が新卒採用業務で次にやるべきこと

2009年10月18日

先日に引き続き、長ったらしいタイトルです。

とりあえず自社に入社してくれそうな学生のいる学校に
片っ端から訪問したら、次にしたらいいことです。


それは、ターゲットの幅を広げてみるべく考える、
というところでしょうか。


大前提として、採用活動にお金がかけられないわけですが、
ま、普通に考えると学生(それも大学生)の場合は、
採用広告費をかけずに、彼らにリーチするのはなかなか難しいです。

Consumer向けの(いわゆる一般人むけの)店舗や
商品を持っている企業であれば、そこで宣伝する、という方法も
ありますが、50人規模くらいの企業であれば、
それもなかなか難しいと思います。


そこでそれなりに手っ取り早いのが、
第2新卒も採用ターゲットに含める、という方法です。


大学卒業後3年以内で、職業経験は問いません、
弊社では「新卒」として採用します

なんていう風にターゲットを広げると、
それだけで食い付いてくる人達が結構います。


学校卒業後、半年ほど働いたけど、嫌になって辞めてしまって、
次の就職先をどうやって探そうかなあ、と思っていたら不況になって
仕方がないからとりあえずフリーターやってる、みたいな若者ですね。


そういう人も新卒として採用します、という条件は、
非常に魅力的なので、ある程度応募者を集められると思いますが、
肝心なのは、その情報をどこで広めるか、ということです。



ここでもまた、お金がかけられない、
という制約があることを考えると、そこはひとつ、

ハローワークに求人票

を出してみたらいいのではないかと思います。


ハローワークには失業者があふれていまして、
職員の方々は、常に就職先を拡大させることに必死です。

で、失業した経験のある人ならばご存知かと思いますが、
失業後、手当をもらおうと思ったら何ヶ月間かは通い続けなければなりません。


だからと言って、就職する気はないけど手当はとりあえずもらおう、
という姿勢の人ばかりがいるかというと、そんなこともなく、
それなりにやる気のある若者もいたりします。


だから、ちょっと広めのターゲット層で
新卒採用を考えることができるのであれば、
第2新卒層を狙ってハローワークに求人を出すなんていうのも
大いにありだと思うわけです。


結構いけるんじゃないかと思うんですけどね。


【関連記事】
【面接官の心得】中小企業の採用担当者が新卒採用業務で真っ先にやるべきこと

スポンサーサイト



 | HOME |