【RC・キヨシロー】ロックン・ロール・ショー

2009年05月21日
今日は、キヨシローネタ。

一番化粧が濃かったのではと思われる1981年の動画です。
冒頭部分が大変おもしろいです。

(携帯からのアクセスの方、申し訳ないです。)






しかし、27年前のテレビ番組でこんな雰囲気で生演奏してたっていうのは
ものすごいなーと思います。

カッチョイイ!

この翌年、キヨシローは、同番組でカメラに向かってガムをはきつけるという
「ガム吐き捨て」事件を起こすわけですが、
まあそういうアブナイ雰囲気は十分にあります。


彼の髪の毛総立てスタイルは、その後ずーっと続くわけですが、
立てやすいように、自分でカットしている、というのを
後にトーク番組で語っているのを見たことがあります。

髪をセットしているときと、そうでないときとで、ものすごくギャップがあり、
これほどわかりやすいオンとオフの切り替え方も
そうそうないだろうな、と思います。

ちなみにノーメイクで出演しているトーク番組では、彼は極めてシャイです。


企業で働いている人にとって、オンとオフの切り替え方、というのは
メンタル面での死活問題でもあるわけですが、
この切り替えっぷり、ちょっと見習いたいところです。



もしかしたら、スーパーサイヤ人のスタイルは、
キヨシローの髪型にヒントを得たのではないか、とすら私は疑っています。



【関連記事】
【RC・キヨシロー】あきれて物も言えない

スポンサーサイト



 | HOME |