【心の問題】うつ病→休職→退職→転職

2009年02月24日
久しぶりの心の問題シリーズです。


うつ病になると、人生における転機が色々とやってくるかと思いますが、
タイトルのとおり、

うつ病→休職→退職→転職

というのは、わりとよくあるケースではないかと思います。
このケースの「→転職」の部分についてです。


転職の面接の際には「うつ病で休職・退職した」ということは、
決して言ってはいけません

別に、うつ病であったことを恥と思え、とか、
一生隠して暮らせ、とか言っているわけではありません。

うつ病であった人が、転職を機にきっぱり調子がよくなり、
何事もなかったように働いているケースを、私も何件も見ています。
うつ病というのは、かなり環境に左右される病気ですからね。


転職して、職場に信頼できる同僚ができたら、
そのことを打ち明けるのもいいでしょう。
笑って話せると最高だと思います。


でも、面接の時には決して言ってはいけません


私の感覚値では、大体30人集めると、
その中に1人は「うつッ気」のある人が出現します。

そして、なんというんでしょう・・
うつな気分というのは、周囲をものすごく巻き込むのです。

モチロン、感染するとかそういうレベルの話ではなく、
伝播しやすいというか、影響を与えやすいのです。


人事の集まりなんかで、こういう話になると、
大抵の人が同意見でした。


応募者がうつ病経験者であることを知った
人事の人が、どう判断するかというと、
「排除するにこしたことはない。」
コレです。他にはありません。


だから、仮に面接で転職の理由や無職の期間が長かったことについて
執拗に尋ねられたとしても、そのことは決して言わないほうがいいです。


信頼できる相手以外には言わないほうがいいことは、
人事の人には言わないほうがいいということです。

(つまり、人事の人を信用するな、ということ。)






スポンサーサイト



 | HOME |