【心の問題】うつ病→休職→退職→転職

2009年02月24日
久しぶりの心の問題シリーズです。


うつ病になると、人生における転機が色々とやってくるかと思いますが、
タイトルのとおり、

うつ病→休職→退職→転職

というのは、わりとよくあるケースではないかと思います。
このケースの「→転職」の部分についてです。


転職の面接の際には「うつ病で休職・退職した」ということは、
決して言ってはいけません

別に、うつ病であったことを恥と思え、とか、
一生隠して暮らせ、とか言っているわけではありません。

うつ病であった人が、転職を機にきっぱり調子がよくなり、
何事もなかったように働いているケースを、私も何件も見ています。
うつ病というのは、かなり環境に左右される病気ですからね。


転職して、職場に信頼できる同僚ができたら、
そのことを打ち明けるのもいいでしょう。
笑って話せると最高だと思います。


でも、面接の時には決して言ってはいけません


私の感覚値では、大体30人集めると、
その中に1人は「うつッ気」のある人が出現します。

そして、なんというんでしょう・・
うつな気分というのは、周囲をものすごく巻き込むのです。

モチロン、感染するとかそういうレベルの話ではなく、
伝播しやすいというか、影響を与えやすいのです。


人事の集まりなんかで、こういう話になると、
大抵の人が同意見でした。


応募者がうつ病経験者であることを知った
人事の人が、どう判断するかというと、
「排除するにこしたことはない。」
コレです。他にはありません。


だから、仮に面接で転職の理由や無職の期間が長かったことについて
執拗に尋ねられたとしても、そのことは決して言わないほうがいいです。


信頼できる相手以外には言わないほうがいいことは、
人事の人には言わないほうがいいということです。

(つまり、人事の人を信用するな、ということ。)






【心の問題】やばい、オレ、うつ病かもと思ったら(4)

2009年01月19日
やばい、オレ、うつ病かもと思ったらシリーズの最終回です。

?診断書を書いてもらう。
?一人でいいから、パイプ役をつくる。

に続きまして、

?収入源の確認をする。


これ、とっても大事です。
収入源に不安があると、まだうつ病が回復していないのに、
「働かなくちゃ」っていう気持ちばっかり焦ってしまい、

「復職します」と言ったものの、復職予定日に会社に行けない、とか
復職したものの、またすぐに休職する、とか
そういう羽目に陥ります。

こういうケース、結構ありました。
あとになって、「なんで無理して出社しようとしたんですか?」と聞くと、
「金銭的な心配が・・・」


・・・。
まあね、気持ちは分かるけどね。

結局、復帰できてねーじゃねーか。コラ。
こちとら忙しいんだよ!仕事増やすなよ!


こういうことがあるたびに、毎回心のなかでそう叫んでいました。


まあ、うつ病の診断書なんて適当だから、
「もう自分は大丈夫です。会社に行きます。」と宣言すると、
「復職可能な状態です」なんていう診断書を、医者もあっさり書くわけです。


まずは、休職期間中の給料支払いがどうなるのか、
休む前に、就業規則なんかで確認しましょう。

たぶん、普通は0円です。有給休暇も使えません。
大企業なんかだと、期間を限定して普段の給与の何パーセントか
支給されるかもしれません。

あと、休んでいる期間の給料が出ないだけではなくて、
そのあと復帰しても、次のボーナスが何パーセントかカットされたりも
するので、その点も把握しておきましょう。

就業規則には書いてないけど実は・・ということもあったりするので、
人事の人に直接聞ける状態なら、聞いてしまうのが一番早いです。


あとは、傷病手当金の手続きなんかをすれば、
大体普段の給料の60%くらいが支給されたりします。

このあたりの手続きは、家から出られないほど状態が悪化したりする前に、
メドをつけておきましょう。


ここまでやっておけば、あとはまあ、状態を回復させるのみです。


うつは、完治する病ではないそうです。
だから、「治さなきゃ」という焦りは禁物です。
ボチボチやっていくしかないわけです。


<しかし、気の滅入るバナーだな。これ↓>








【心の問題】やばい、オレ、うつ病かもと思ったら(3)

2009年01月18日
やばい、オレ、うつ病かも、と思ったら、やっておいたほうがいいこと3点のうち、
?診断書を書いてもらう  の 続き。

ハイ、では2番目にやっておいたほうがいいことです。

?一人でいいから、パイプ役をつくる。


誰でもいいのです。
誰でもいいから、自分が休職している間にたまーに連絡をとる
パイプ役の人をつくっておいて下さい。

一番いいのは、自分の部署の上司がパイプ役になってくれることです。

「さいきんの調子はこんな感じです」とか
「復職予定日の前に、一度会社に行きます」とか
そういうやりとりができればベストです。


なんで部署の上司が一番いいかというと、
その人が味方になってくれていれば、
一番復帰がしやすいからです。

しかも、役職についている人が、あなたの味方であれば、
人事の人も、そう簡単にあなたのことを辞めさせる方向へ動いたりできません。


でも、自分の部署の上司っていうのは、
あなたのうつ病の原因になっている可能性も
すごく高いと思います。

まあ、その場合には別に無理する必要はありません。
「休職中もコイツと連絡取るんか・・」と落ち込みそうだったら、
人事の人にそれを伝えて、直接のパイプ役は人事の人にしておいてもいいと思います。


その代わり、部署の同僚とか、
誰でもいいから、事情を話して、連絡取れる人をつくっておきましょう。

「最近どう?」「まあまあだね」
みたいな、そんなたわいないメールをやりとりするだけでもいいです。


なんでこんなことをしつこく主張するかというと、
休職中に連絡取れる相手が、人事の人しかいない
となると、人事の術中に落ちてしまう可能性があるからです。


まあ、要するに辞めさせられるということですね。


だから、とりあえず、そういう事態を避けるためにも、
誰かパイプ役をつくっておくことと、
その人と連絡をとっていることを人事の人にそれとなく伝えておく
ことは忘れずに。



<コレ欲しい・・・高いけど・・・↓>


【心の問題】やばい、オレ、うつ病かもと思ったら(2)

2009年01月17日
この前の続き。


ああー、うつ病かも、と思って病院に行った時に、
診断書になんて書いてもらうか、という話です。


大抵の医者は、1ヶ月程度の休養、とか、数ヶ月の休養、とか
もやっとしたことを書きたがります。
まあ、盲腸とは違うから、お医者さんもどれくらいかかるか
わかんないわけですね。

でもですね、「数ヶ月程度の休養を要する」と書かれても、
1?2ヶ月なのか、7?8ヶ月なのか、大きく違うわけです。

そんな診断書を出されても、人事の人も困ります。
いったい、何ヶ月が医者に認められた休養期間なのかわかりません。

会社によっては、「医者が診断書になんて書こうと、うつ病の人の場合は
まずは1ヶ月の休職」なんてところもあるかもしれませんが、
普通は、診断書に記載のある期間をもとに休職期間を決定するはずです。



なので、ここはビシっと主張して、
3ヶ月、とか6ヶ月、とかきちんと書いてもらって下さい。

普通は、「1ヶ月の休養を要する」という診断書で
3ヶ月休むことはできません。

「様子を見て、必要ならまた診断書を新たに書きましょう」
と医者は言うかもしれませんが、
それは避けたほうがいいです。


1ヶ月なんて結構すぐです。

1ヶ月休んで、復帰しようと思ったら、
10日前くらいから準備しなくてはいけません。
(30日間の後半10日間つぶれる)
休みはじめの10日間は、手続きやなんかでバタバタします。
(30日間の前半10日間つぶれる)

きちんと休めるのは、中盤の10日間くらいです。

10日間で、治るんか?と考えてみてください。
まあ、大抵の場合、無理だと思います。


私はよく、この1ヶ月診断書をもらってきた人の休職の手続きをして、
休職期間が終了する10日前くらいから連絡をして、
すごーく嫌がられました。

だって、ちゃんと来れるのかどうか確認しないといけないじゃん。
復職予定日の当日になって、部署の人から「来てないんですけど」
とか言われても困るんだよ。

そんな、「せっかく休めたのに、またすぐに連絡してきて、
会社のことを思い出させる悪魔の使い」みたいな対応されてもさ。。


まあ、電話に出れる程度に回復しているならまだしも、
連絡が取れない人なんていうのも出てくる。

「ちょ、おい、どうする気なんだよ・・」となり、
しょうがないから、最終的には自宅訪問である。



だから、診断書に書いてもらう休職の期間は、
明確に、かつ長めに、が基本。


この話題、明日もつづく。



<生きる勇気・・↓>


【心の問題】やばい、オレ、うつ病かもと思ったら(1)

2009年01月15日

ああ、ヤバイ、オレうつ病かもしれない、と思ったら、
やっておいたほうがいいことを、人事の観点で3つあげました。


?診断書を書いてもらう

とりあえず、心療内科か精神科に行って、診断書を書いてもらって下さい。

うつ病なんかだと、先生との相性もすごく大事らしいので、
ぴったり来る病院を見つけるまでは時間がかかると思います。

だけど、先生が気に入らなくても、
とりあえずは診断書を書いてもらって下さい。

ほとんどの病院は、「自分はうつ病だ」と訴える患者に対しては、
すぐに診断書を書いてくれます。

(「いや、君はうつ病じゃないよ。単に性格暗いだけじゃないの」、
 なんてことを言って自殺でもされたら困るしね。)


私自身、こういう業務をやり始めた頃は、
「いや、アンタは単なる怠け者なだけで、病気じゃねーだろ」
と思うような社員が、病院できっちり診断書をもらってきたことが
何度もあり、びっくりしたものです。


ポリシーにもよるところがあるようですが、
ほとんどの先生は、
そう主張する患者に対しては、うつ病の診断書を書いてくれます


このときに、○ヶ月の休養を要する、という部分に
何ヶ月と書いてもらうかが重要です。

続きはまた明日。



<うつ病って完治するんかな↓>



« Prev | HOME | Next »